糖ダウンはダイエットにも効果があるの?

糖ダウンのダイエット効果

糖ダウンは糖の燃焼エネルギー作用で、血糖値の上昇を緩やかにする特徴があります。糖の燃焼で体に蓄えられた糖が減少することで、肥満解消の効果もあります。

そこで、肥満を放置することで、血糖値が下がらなくなる理由を調べてみました。

肥満になると血糖値が下がりにくくなる理由

肥満の糖尿患者の場合、まず肥満の解消が治療で最優先されています。
肥満を解消するだけで、血糖値が正常範囲に収まるようになる人も少なくないそうです。

適正体重の方と比べて肥満の方は、食事量が多いために、食後の血糖値の上昇が大きくなります。また、間食すれば、血糖値が下がることはありません!!そのため、すい臓のβ細胞からのインスリンも出しっ放し状態で、β細胞のインスリンを作る能力が低下して来ます。

常に血糖値が高い人の細胞は、血液中の糖を取り込む能力が落ちるため、血糖値が下がらなくなります。この高血糖が、さらなる高血糖を呼ぶという悪循環を「糖毒性」といわれています。高血糖を放置しておくと、ますます糖尿病が悪化していきます。気がつかない間に糖尿病が進行し、最終的に様々な合併症が生じることになります。

そこで血糖をコントロールに十分な効果を発揮するのが適度が運動なのです。


運動でインスリンの働きを回復する

最近の日本人の生活は運動不足に陥っている環境にあり、糖尿病患者が急増している一因でもあります。ある一定の期間、継続して運動をすることで肥満を解消できれば、糖尿病の改善、予防につながります。

運動しないことによる血糖値が上がるメカニズム

運動不足の人は、体重に占める筋肉率が減少し、体脂肪が増加します。血液中の糖をエネルギーとして
利用するのは主に筋肉です。筋肉が減ると血液中の糖が使用されなくなり、血糖値が下がりにくくなります。

運動による血糖値が下がるメカニズム

逆に運動して筋肉を増やすと、血液中の糖が消費されやすくなり、血糖値が下がる傾向になるのです。運動することで、筋肉細胞がエネルギーを大量に必要とするために、細胞は血液中の糖をさかんに取り込もうとします。つまり、糖の利用効率が上がります。多くの血糖がエネルギーとして消費され、血糖値が下がります。

糖燃焼の効果的な時間は?

最も効果的な運動は、食後30分~1時間経過してから血糖値が上昇し始める時です。また食後1時間の間に甘いお菓子などを食べると、糖質が追加されて血糖値のピークが落ちず、高血糖状態が続くことになります。その結果、体が糖化しやすい環境を作ってしまうのです。

糖ダウンを飲むタイミング

そこで食後に甘いお菓子を食べず、糖ダウンを飲み、さらに運動すれば、血糖値を緩やかにし、筋肉の運動によって、血糖がエネルギーとして消費され、ダイエット効果も上げることになります。

血糖値を下げることだけでなく、ダイエット効果も生み出す糖ダウン、